看護師採用サイト

採用説明会エントリーはこちらから

先輩メッセージ

看護部TOP / 先輩メッセージ

「なりたい看護師像」を
探して、見つけて、目指せる職場です

救急治療センター

入職7年目

忙しい環境の中で、育児と両立しています

当院は「断らない救急」を方針にしており、24時間365日救急車を受け入れています。脳卒中やCCUネットワーク、緊急カテーテル検査、緊急手術にも対応し、多職種と連携を図り、よりよい医療・看護を提供できるよう取り組んでいます。

私は育休明けより救急治療センターに配属され、4年になり、現在は未就学児2人を育てながらフルタイム勤務をしています。産休育休制度の取得や、時短勤務、キッズルームの活用もしていました。所属先の救急治療センターは残業も少なく、子供の急病による勤務調整もしてくださり、育児と両立しやすい環境です。無理なく働くこと、家事は上手に手を抜くことで、子供たちとの時間を大切にしています。

子育てしながら自己学習時間を確保することは大変ですが、今後は脳アンギオの知識を深めていきたいと考えています。

手術室

入職4年目

最先端医療を学び、更なる成長に向け日々邁進しています

当院手術室は脳外科、整形、外科、心臓血管外科など幅広い分野の手術を行っています。手術室看護師の仕事内容は、器械出し看護と外回り看護の大きく分けて2つあり、多岐に渡るたくさんの業務を行っています。

私は沖縄の看護専門学校を卒業しました。最初は漠然と都会への憧れでしたが、何より最先端医療の知識や技術を学べるという点が大きなポイントとなり、上京し当院に就職しました。無理なく働ける環境も整っておりリフレッシュ休暇を使って毎年沖縄に帰省しています。そのおかげで気持ちを新たに日々の業務を行えています。

当面の目標としては、手術室3年目として多科の手術を1人で任されるのはもちろん、後輩への指導・教育者として任され先輩や後輩、医師などから信頼される看護師を目指して日々学び、成長していきたいと思います。

急性期病棟

入職5年目

笑顔の絶えない明るい職場です

私は、脳神経外科病棟に所属しています。病棟の特徴は主に脳卒中、脊椎疾患の患者さんが多く入院されており、小児から高齢者と幅広い年齢層の患者さんがいます。手術件数が多いことも特徴です。

仕事内容は、安静患者が多いことからケアを中心に行っています。手術目的で入院される患者さんも多く周術期の看護なども行っています。
多忙な業務に追われながらではありますが、患者さんとのコミュニケーションを大切に心の通った看護ケアができるように日々笑顔を絶やすことなく働いています。

病棟スタッフは20~30代の看護師が多く、協力しながら楽しく看護をすることができ、子育て中のスタッフが多いので安心して育児と仕事の両立が出来ています。今後もより良い看護ケアのために学び続けていこうと思います。

回復期
リハビリテーション病棟

入職6年目

多様な状況で経験を活かし、新たな学びを得られる魅力ある環境です

急性期から回復期まで包括的な地域医療を提供しているところに惹かれ、総合東京病院に転職し6年目になります。回復期リハビリテーション病棟の特徴は、様々な疾患や障害を持つ患者さんが社会復帰できるよう、多職種と連携しながら退院まで長期に渡り関わらせてもらえることです。患者さんの心身の回復援助や健康管理をしながら、退院後の生活を見据えて看護師の視点から患者さん家族への情報提供や指導をしていくとてもやりがいのある仕事です。

今年、出産と育児休暇を経て復職しました。キッズルームが利用できること、ワークライフバランスに理解ある職場環境が復職を後押ししてくれました。当病棟で働く看護師は、年齢層や経験年数も幅広く、子育て世代のママ、パパも活躍しています。今後は家庭との両立を図りながら専門分野での知識の追究やキャリアアップなど目指していきたいと思います。

入退院調整室

入職6年目

患者さんとご家族に寄り添って

入退院調整室で入退院調整看護師として働いています。

ご自宅への退院が難しいと思われた患者さんが、在宅サービスの調整で、ご希望通りご自宅へ笑顔で帰られたときにはとても嬉しくやりがいを感じます。今は、子供が幼いこともあり、家庭/子育てと仕事の両立のために定時で帰れるようタイムマネジメントの徹底を心掛けています。

当院で、結婚・出産・育児を経験し、子供を産み育てやすい環境のサポートがあることを実感しています。院内キッズルームに子供を迎えに行き、1日の出来事を話しながら帰宅する時間が楽しみです。間もなく2人目の産休に入ります。新しく看護師となった方にもワークライフバランスが取れるように先輩として環境を作っていけたらいいなと思っています。

2021年11月より産休

看護師長

入職5年目

気持ちはスタッフファーストで

看護師長として急性期病棟を任され3年目となります。私自身が日々思っていた「こうだったらいいな」を目指し、病棟運営を行っています。

大事な事は確実に、効率の悪いことは業務改善を…が私のモットーです。部署で働く看護師、看護アシスタント、クラーク、リハビリセラピスト、薬剤師の皆が働きやすくなるために何ができるかを考え、小さなことでも変化が持てると嬉しいです。スタッフの働く環境を整えることが、患者さんへの良いケアに繋がると信じています。

また、スタッフと「よくコミュニケーションをとる」ことも大切にしています。専門職としての責任や、患者さんのみならず同僚への思いやりを持った看護師を育成できるように努力したいと思います。そして、いつまでも自分を高めたいと思う気持ちは持ち続けていきたいと思います。