#01

TGH NURSE INTERVIEW TGHナース 先輩インタビュー

頼れる看護師を目指して日々成長中です。

急性期病棟所属Kさん

看護プランに合わせて、患者さんに寄り添う。看護プランに合わせて、患者さんに寄り添う。看護プランに合わせて、患者さんに寄り添う。

急性期病棟の看護師として2年目。基本は医師の指示に基づき、それぞれの患者さんの看護プランに合わせてケアを行っています。具体的な内容としては、体温や血圧測定を行なっての容態確認、薬の用意、点滴の準備などです。
2年目となり、ようやくスケジュール通りに勤務を行えるようになりました。ただ、患者さんの容態が急変するなど、臨機応変な対応を行わなければならない場合、一人で判断することが難しいため、その際は先輩方に助けていただき、落ち着いて対応をしています。先輩方の対応を見ていると、どんな状況でも素早く判断し、医師をはじめとした他のスタッフとの方とうまく連携をされているのでとても勉強になります。私自身、まだ経験不足もあると思いますが、もっと知識を吸収して、どんな状況でも先輩方のように自分一人で対応できるようになることが目標です。
時々、患者さんやそのご家族の方から、あたたかい言葉をかけていただくことがあるのですが、これが今の私の最大のモチベーション。日々「もっとがんばろう!」という気持ちになっています。

  • 先輩のアドバイスとナーシング・スキルに助けられて。先輩のアドバイスとナーシング・スキルに助けられて。先輩のアドバイスとナーシング・スキルに助けられて。

    入職してからの1年は、とにかく自分の仕事を覚えることに必死でした。学校で習ったことは決して無駄にはなりませんが、実際の現場は実習とは大きな違いがあり、あらためてゼロから覚える感覚です。
    「失敗したくない」――。
    そんな思いから毎日が緊張の連続で過ごすこともありました。
    でもそんな中、病棟の周りの先輩方から「大丈夫?」と時々声をかけていただき、親身に丁寧に教えていただいたので深く悩むようなことはありませんでした。むしろ、「私でもやればできる」といった自信を持つことができましたね。
    そんな環境のもと、さらに私が助けられたのは、当院で導入しているナーシング・スキルです。これは各病棟の場所に設置されているipad で閲覧することができ、各看護の技術や対応を動画で確認できるe ラーニング・システム。対応で少し疑問に思った点は、すぐさまipad で確認できるので新人でも安心して患者さんのケアができます。
    また先輩に質問する際も、まずはナーシング・スキルを見て、自分の疑問点を整理してから聞くことができるので、的確なアドバイスをもらえますね。今の私には手放せないツールです。

  • リフレッシュ有給で気持ちを新たに。
    リフレッシュ有給で気持ちを新たに。
    リフレッシュ有給で気持ちを新たに。

    私が総合東京病院への入職を希望したのは、学生時代に病院見学で訪れた際に、院内の雰囲気がとてもよかったからです。入職後も、その印象は変わっていません。私が困っていると先輩から声をかけていただけますし、公私かかわらずどんなことでも相談できます。人間関係で悩まされずに、自分の仕事に集中できるのは本当にありがたいことですね。
    また無理なく働ける環境も整っており、昨年は入職1年目ながらもリフレッシュ有給をいただき、夏に旅行に行ってきました。初めての社会人生活とあって精神的に余裕のない日々を送っていたので、旅行ですっきり気分転換できましたね。休日明けから「よし、やるぞ!」という気持ちでスムーズに業務に向かうことができました。もちろん毎月の休日もきちんと休めているので、疲れがたまることもありません。
    ここは恵まれた環境だと思うので、もっと看護師としてのスキルを磨いて、専門職としての自覚をもって頑張っていきたいと思います。

RECRUITv

slashslash
よくあるご質問とその回答をまとめましたよくあるご質問とその回答をまとめましたよくあるご質問とその回答をまとめました

ENTRY

総合東京病院看護部では、
インターンシップの受入及び
説明会・面接を随時開催。
ご参加ご希望の方はサイトよりエントリー頂けます。

HEARTS! Of NURSING.RECRUIT